そのトゲを作ったのは10年前のあなたです

実家に家族で遊びに行ってた時のことです。息子が隣の部屋から出た来たときに突然「痛い!」と言ってしゃがみ込みました。足を抑えてるので見てみると足の裏に小さなトゲが刺さってます。敷居から飛び出てた気の破片が刺さったようなんですが…。実は自業自得なんです。何しろこのトゲを作ったのは息子自身だから。
10年以上も前、実家には息子専用の車がありました。1,2歳児が乗るような簡単な作り物で家の中で使用させてたんですが乱暴者の息子が乗るにはあまりにも音が煩かったんで実家に持って行ってたものです。それをたいそう気に入ってて、小学校3年生くらいまで乗り回してた息子。こっちの部屋からアッチの部屋までノンストップで(小柄な子だったのでこの歳まで乗れたんです)。部屋を移る時は敷居がガタンゴトンとなるのが好きだったみたいで。で、その時に敷居がボロボロになり木が飛び出たまま、10年後自分の足に刺さったという訳なんです。
息子自身も自分がやってたことに記憶があり、苦笑い。恥ずかしそうにしてましたね。大けがじゃないというものあって皆で昔を懐かしんで大笑いした日でした。トゲが飛び出てるのは危ないんだけど、何だかそのまま放置してもらいたいような気分…。
自分の子供時代のことを親から離されるのは何だか嫌だけど我が子のことを懐かしんで話すのは何とも楽しい♪親の気持ちがちょとだけ分かってきたような年頃になってしまいました(^_^;)お世話になってるサイト⇒https://oyasumichunogohoubi.xyz/